男性心理 復縁 プライド

男性心理からみる復縁を邪魔するプライド

スポンサーリンク

失恋をした後で、やっぱり復縁を望むという人は、結構いると思います。
 しかしそんな場合に、どうしてもその邪魔をしてしまうものに、「プライド」というものがあります。
 それはどのような理由で別れたのかにもよりますが、原則として自分に非がない場合には、いくら復縁を望んでも、「何でこっちが」という心理が働いてしまい、自分から言い出せない事があるでしょう。
 そしてこちらに非があって別れた場合でも、別れの際に言い争いになって別れたりした場合は、やはりプライドが邪魔をして、復縁なんて切り出せない事もあるでしょう。
 原則としまして、恋愛のきっかけであったとしましても、仲直りして復縁する場合であったにしましても、昔から先に行動を起こすのは、男性という事が多いようですが、男性側がこうした行動を起こせない場合は、やはり復縁は難しいでしょう。
 しかし男性心理としましても、よほどの未練でもない限り、プライドが邪魔をして、なかなか行動は起こせないようです。
 しかし自分が悪くない場合はともかく、自分が悪くても、その非を認めて謝罪して、復縁をもちかける事ができないという男性心理は、一体どのようなものなのでしょうか。
 これにはプライドの高い男性にありがちな、「自己正当化」の心理が大きいようです。
スポンサーリンク

 この「自己正当化」という心理は、つまり別れたきっかけが、自分にあったとしましても、その原因を作ったのは相手の方だと、自分の行為を正当化しようとする心理です。
 これはもちろん、男性だけのものではないのですが、プライドの高い男性は、えてしてこうした心理を持ってしまう傾向が大きいようです。
 このような男性心理が働いてしまいますと、復縁というものは、まず不可能になってしまいます。
 相手に原因があるのならば、もし相手が謝罪すれば、後は自分が許すかどうかの問題になりますが、自分が原因を作って、「何で自分が謝らなければならないんだ。
そもそも悪いのは向こうだ」等と考えてしまいますと、相手がよほどの理解者でもない限り、まず仲直りはできません。
 このようにどちらかと言うと、男性に多い傾向にある「自己正当化」の心理というものは、根底はそのプライドの高さが原因なのですが、そこに自分のプライドと、相手の存在の価値を天秤にかけて、冷静に判断できる精神的な余裕を持つべきなのです。
 そうしないともし、その相手が本当に大切な存在であれば、絶対に後悔する事になるからです。
 本当のプライドというものは、目先の価値ではなく、その先の将来まで判断できる、器の大きさだからです。
スポンサーリンク