男性心理 指先が触れる

指先が触れる時の男性心理は、相手の反応を見ている場合があります

スポンサーリンク

ボディタッチは、たまたまぶつかってしまって、というケースもありますが、敢えて行う場合も存在します。
 指先が触れるなどの場合でも、能動的な場合と受動的な場合などがあります。
能動的な場面では、男性が敢えて相手に対して指先が触れる様にしている状況もあります。
男性心理としては、単純に相手に触れたい気持ちなどが読み取れます。
この場合には、男性の気持ちが中心にある行動ですので、相手に対する何らかの気持ちを有した男性心理になります。
 男性が、自ら指先が触れる様に装う場面には、相手の反応を見ている場合もあります。
男性心理の基本には、相手の女性に対する興味などがあるといえます。
唯、相手に対する男性心理としては、恋愛感情を強くもっている場合もあれば、相手の反応を見たいだけ、という人もいます。
指先は、手の先端部分として、何かと接触した場合には、感知する機能が高い箇所でもあります。
指先が触れると、ハッとしてしまう人もいれば、何事も無かった様にやり過ごせる人もいます。
女性の反応を興味深く探っている男性もいる、という事になります。
スポンサーリンク

 指先が触れる場面は、ものを渡すなどの場面でもあります。
ものが大きければ、お互いの指が接触する様な事もない状況もあります。
ものが小さい場合には、ふとした瞬間に指先が触れる事もあります。
その際、手を咄嗟に引っ込める様な場合の男性心理は、相手に対する、あるいは異性としての意識をもっています。
男性によっては、女性との接触が少ない場合もあります。
女性との接触が少ないと、たまたま指先が触れるなどの場合にも、『しまった』という男性心理が働く事などがあります。
 女性と指先が触れる事があっても、何も無かったかの様に、次の動作や会話に移れる男性もいます。
この場合には、一つのタイプとして、起きた出来事を無視するケースがあります。
異性との接触に慣れていない場合には、その後の対応に窮した男性心理も読み取れます。
他のタイプとしては、指先位、触れた内にも入らないという男性も見られます。
職場などの場合には、妻帯者もいますし、仕事に専念している場面での事もあります。
特段気にする様な内容ではないという男性心理も窺えます。
スポンサーリンク