男性心理 メール 頻度 内容

メールの頻度や内容から分かる男性心理とは

スポンサーリンク

女性に対する男性心理は色々なところから見てとれます。

 

その一つは、メールの頻度や内容です。

 

メールを送ってくるペースから何を推測できるでしょうか。

 

好意を抱いている相手とのやりとりを、多くの男性は楽しく思います。

 

そして相手のことをもっと知りたいと思っているときには、やりとりのペースがあがります。

 

それで一日の間に特定の男性から何度もメールが来る場合には、相手に好意を抱かれていると考えて差しつかないケースが多いでしょう。

 

頻度が低い場合でも、その内容に注目できます。

 

ペースは高くなくても、中身が濃い場合があります。

 

他の異性には打ち明けていないような私生活に関することや個人的なことを含むものであれば、それも好意の表れといえます。

 

自分が相手のことを知りたいの同じように、自分にも関心をもってもらいたいという気持ちの表れです。

スポンサーリンク

では、好意を持たれたてはいないと判断するべき場合とはどのような場合でしょうか。

 

頻度を参考にしつつ、もう一つの点に気を配ることが出来ます。

 

それはどちらから送るメールが多いかという点です。

 

自分が送るのが多く相手は返信という形が多いのならば、現状では相手は受け身ということが出来ます。

 

また男性の返信頻度にも着目できます。

 

送ったメールに必ずしも返信がない場合があるか、それとも全てに返信があるかという点です。

 

男性側が受け身であったとしても、全てに返信があるのならば、真剣に向き合ってくれていると判断しやすいでしょう。

 

返信が返ってくる回数に加えて、そのタイミングも重要です。

 

こちらが送信してすぐに返信がある場合は、良い兆候といえます。

 

逆に、返信はあるものの、すぐではなく忘れたころという場合は、相手はかなり受け身といえるでしょう。

スポンサーリンク