癖 しぐさ 行動 心理

行動をする時の癖やしぐさでわかる心理状態について

スポンサーリンク

何かをする時の行動によって、癖やしぐさで相手の心理分析ができる場合があります。
例えば会話中に貧乏揺すりをする癖がある人は、緊張していることが考えられます。
また、貧乏揺すりは会話に退屈している時にも見せるしぐさです。
そして会話中に手を頻繁に口に当てるしぐさを見せる人もいます。
このような人は相手に自分の本心を隠す傾向があります。
つまり余計な事を言いたくないという心理状態が、口に手を当てる動作になるのです。
会話中に手振りの動作が大きい人は包容力がある人が多いです。
またサービス精神が豊富な人も、会話中に相手に状況をわかりやすく説明しようという気持ちが強いために身振り手振りのしぐさが大きくなる傾向があります。
そして、まばたきの回数が多い人の心理状態としては、会話が続かずにきまずい思いをしている可能性があります。
きまずい状況が心苦しいために、まばたきが多くなるのです。
さらに爪を噛むしぐさを見せる人は、内向的な人が多いです。
スポンサーリンク

デート中に彼氏の腕や手をつねる癖がある女性は、彼氏に対して文句がある事が多いです。
自分が言いたい事をストレートに伝える事ができない気持ちが、彼氏の腕をつねる行動に現れることがあります。
また、相手と対面している時に両腕をがっしりと組む癖がある人は、相手に対して心理的に抵抗がある可能性があります。
同じように相手に対して手の平を見せたがらない行動をする人も、相手に対して心を開いていない可能性があります。
そして会話をしている時に無意識に眉毛をさわる癖がある人がいます。
眉は自分の本心が出ると言われています。
したがって隠し事をしたい時に眉毛をさわる人が多いです。
また、頻繁に上目遣いの癖を見せる女性は、相手の男性に対して優しさを求めている傾向があります。
また女性が男性と会話をしている時に、髪の毛を耳に出すしぐさをする人がいます。
このような行動をする女性は、相手の話を真剣に聞こうという心理状態が推測できます。
また自分のあごを触る行動が多い人は、深層心理に自分への自信があります。
そして唇を噛む癖がある人は、内面の不満を行動に出せないので唇を噛むのです。
スポンサーリンク