間接キス 女性心理 脈あり

間接キスで脈ありのときの行動と女性心理

スポンサーリンク

間接キスというのは、女性でも男性でもあまり興味のない相手とは避けたいと思うのが一般的でしょう。

 

そのため間接キスを許した時点で、ある程度の好意はあると思って間違いありません。

 

しかし、その好意には種類があります。

 

単に友達と思っている人とでも、何も気にせずに する人もいれば、恋愛感情が無ければ嫌だと思う人もいるのです。

 

この違いを見破るのは、実はそれほど難しくありません。

 

特に女性の場合には、脈ありのときには特定の行動をする傾向が強いのです。

 

それは、恋愛感情のある人には自分が口をつけたものを渡すということです。

 

逆に、相手が口をつけたものを欲しがる形での間接キスの場合には、友情としての好意のことが多い傾向にあります。

 

これは「自分を受け入れて欲しい」といった、無意識の女性心理が働いているからだと言われているのです。

スポンサーリンク

このように間接キスというのは、自分を受け入れてくれるかどうかを知りたいといった心理から行うことも多いものです。

 

逆に、相手を受け入れているといったサインでもあるのです。

 

とはいっても、大勢で回し飲みなどをした場合には、なかなか脈ありかを見抜くのは難しいものがあります。

 

そんな場合には、口をつけた場所を見ていると分かることもあります。

 

特にコップなどでは、恋愛感情がない人の次に口をつける場合には、前の人が口をつけた場所を避ける傾向にあります。

 

特にその大勢の中に恋愛感情を寄せている人がいた場合には、その傾向が強くなるのです。

 

というのも、「他の人は受け入れていない」といったことを知らせたいというような気持ちが働くのです。

 

また、それに気づいてほしいといった心理も、同時に働きます。

 

ですので口をつけた瞬間に、視線が意中の相手へと向くことが多くなります。

スポンサーリンク