女性心理 冷たい態度 嫌い

嫌いとでもいうかのように冷たい態度をとる女性心理

スポンサーリンク

世の中には色々な人がいますが、その中には、「特に仲が悪いわけでも、喧嘩しているわけでもないのに、やたら冷たい態度をとって来る人」というものがいたりします。

 

 それはその人が、そういう性格であると言えば、そうなのかもしれませんが、他の人と比べて「特に理由もないのに、自分に対してだけ冷たい態度をとっている」としか思えない場合、そうとも言い切れません。

 

 ではそのような態度をとって来る人は、一体どのような理由で、そうした冷たい態度をとって来るのでしょうか。

 

 まず考えられるのは、「自分が知らない間に、その人を傷つけるような事をした」というのが考えられます。

 

 こういう事は、他の身近な人にそれとなく聞いて、その人が自分の事を何か言っていたかどうかを確認できるかもしれません。

 

 また単に、仕事等でライバル関係になっていたり、自分の業績を妬んで、そういう態度をとっている場合もあります。

スポンサーリンク

 このようにそうした相手の、冷たい態度だけでは、単に自分の事が嫌いなのか、それとも違う理由があるのかは、はっきりとは言えません。

 

 中にはその逆もあったりするからです。

 

たとえば自分が男で、その冷たい態度をとって来る相手が女の場合、その女性が自分に好意を持っているのに、それを素直に表現できなくて、そうした行動に出てしまっているケースも考えられるからです。

 

 それは、いわゆる「ツンデレ」などと言われたりしますが、そういうケースもあるだけに、ただ単に、自分はその人に嫌われているとも言えない場合もあるのです。

 

 特にそれが女性ですと、「男性以上に複雑と言われている女性心理」がなせるものの可能性もありますから、さらに何とも言えないものだったりするのです。

 

 このように、単に相手の態度が冷たいからと言っても、それだけでは相手が自分を嫌いなのかは、確定できないものなのです。

スポンサーリンク