女性心理 無関心 仕草

女性心理、無関心なことを示す仕草。

スポンサーリンク

愛情の反対でもあ「無関心」ですが、自分に相手が関心を持っているのか、気になりますよね。

 

実は、相手への関心は「仕草」に出るのです。

 

今回は、女性心理における、無関心な際の仕草についてお話させていただきます。

 

まず第一に「頷きが多い」のが無関心なサインです。

 

「うん、うん。」「はい、はい、はい。」など、言葉を連発しているときほどに、無関心や退屈を表しています。

 

次に「姿勢がだらしない」ことです。

 

興味のある、好意のある相手の話は、相手の方を向き、しっかりと聞こうとします。

 

だらしない姿勢をとられているときは、相手からあまり関心を持たれていない可能性が高いです。

 

次に「視線を長いこと外されている」場合に、関心を持たれていない可能性が高いです。

 

体の向きや視線と同様、関心がなくなってきた場合や飽きてきた場合などに、女性心理としては、こんな仕草をとるようです。

スポンサーリンク

そして、次に「スマートフォンや携帯電話をいじりだす」ことです。

 

明らかに飽きてきている、興味がないといった心理が現れています。

 

次に「相手からの質問がない」と、相手からの関心がない仕草の現れです。

 

興味がなければ、質問をする気も起こらないのです。

 

めんどくさいから、聞き手に徹するといった女性心理が現れています。

 

そして「聞いたことのある話を何度もされた場合」にも、相手からの関心を得られていないケースが多いのです。

 

人は忘れる生き物という言葉がありますが、これでは済まないケースです。

 

関心のある人にたいしては、一度言ったり聞いたりしたことは忘れませんよね。

 

そして、最後に「変化に気づかない」ことです。

 

これは男性と比べて、ちょっとした変化に気づきやすい女性に、気づかれないというのは無関心な仕草に値します。

 

関心がない状態は、相手からの気持ちはマイナスではありません。

 

嫌いという状態ではないので、これからのアプローチのしかたによって、これから関心を得ていきましょう。

スポンサーリンク