男性心理 貧乏ゆすり

貧乏ゆすりをする男性心理

スポンサーリンク

男性のしぐさでまず思いつくのは貧乏ゆすりではないでしょうか?
貧乏ゆすりとはよく言ったもので本当に見てて貧乏くさいしぐさですよね。
しかも、貧乏ゆすりはなぜか男性に多いしぐさです。特に中年の男性に多いようですが、たまに若い人でも電車の中などで見かけると、(この人、苛立ってるのかな?)、(頭がおかしい人なのかな?)など勝手に想像をしてしまいます。
20代の男女に貧乏ゆすりと聞いて何をイメージするか?というアンケートの結果では、疲れたサラリーマン、漫画」ばかり見ている栄養失調気味の若者、競馬やパチンコで負けているオジサン。などどれもマイナスなイメージばかりでした。
とにかくいいイメージはないみたいですね。
では、なぜ貧乏ゆすりをするのでしょうか?心理学的にいうと、フラストレーションを解消しようとする体の動きみたいです。

スポンサーリンク

例えば、仕事がうまくいかない、待ち合わせで相手がなかなかこないなどの状況や他人に対する苛立ち、心配事、不安などの現れといえます。
貧乏ゆすりが習慣的な癖になっている男性は心の中にいつも欲求不満を抱えているか、なにかいつも不安があるのかもしれません。
その他にも、男性は女性に比べて脳で考えるキャパが狭く、考えている間に貧乏ゆすりをしてしまうケースもあります。
とにかくこういう男性は自分の苛立ちを暴力を振るうことで発散させる人も多く、見栄っ張りなどうしようもない男性が多いです。
またあなたに何か嘘をついているための不安や苛立ちかもしれません。
仮にあなたがこのような男性と付き合っているのなら別れたほうが賢明です。
貧乏ゆすりをする男性はどうしようもない気の弱い男性なのです。

スポンサーリンク