男性心理 好意 言動 脈あり

好意や脈ありの男性の言動。

スポンサーリンク

人は様々なしぐさを日常的にします。

 

しぐさに隠された意味を知ることで、人間関係に生かすこともできます。

 

自分が好意を抱いている男性の言動が脈ありなのか、しぐさから知ることができます。

 

男性心理を見抜くことで、交際に発展させたり、すでに交際していれば円滑に関係をすることもできます。

 

まず脈ありサインは相手をよく見つめることです。

 

好意のある相手に対し人はよく見るという心理があります。

 

反対に嫌いな相手からは目をそらす傾向にあります。

 

次に好きな相手に対しては同じ行動をとろうとします。

 

同調もします。

 

次に舌を出すしぐさです。

 

これも好意のサインです。

 

ただし同性や敵対している相手に対しては挑発的な意味があります。

 

次に舌をなめるしぐさです。

 

これも相手に対し強い興味を持っているときのしぐさです。

 

しぐさ以外でも話しかけたり、褒めたり、気を使ったりする行動は相手に対する好意のサインです。

スポンサーリンク

交際をすでにしている人で、男性が以下のようなしぐさや行動をしたら、相手に対して興味をうしなっている可能性があります。

 

話をしているときに携帯を見る、時計を見るという行動は「飽きている」というサインです。

 

腕組みしているしぐさは警戒している、相手を拒絶しているという意味があります。

 

足を組んでいるときはリラックスしているときか、相手を拒絶しているときのサインです。

 

付き合いが長いのに敬語を使うときは相手への警戒心を示しています。

 

せかせか歩く時は協調性がない時です。

 

鼻をこするときは嘘をついているときやイライラしているときです。

 

唇をかみしめているときは相手への強い攻撃性を我慢しているときです。

 

この時は下手に関わらないほうがいいです。

 

これらのしぐさを見せる時は、ネガティブな感情を抱いていることが多いので、注意が必要です。

スポンサーリンク