握手を求める 男性心理

異姓に対して握手を求める男性心理

スポンサーリンク

男性が異性に対して握手を求めるという行為は、その時のシチュエーションもありますが、恋愛感情が関係する男性心理としての、異性への握手を求めることに対して、相手の異性のリアクションによって男性心理が大きく揺れ動くことになります。
基本的にその場面が男性が特定の異姓と出会って間もない機会での握手ではあれば、あるほど異姓としても、そう簡単にその男性の握手という行為に対して、すぐ異性が握手してよいのか相手も迷います。
恋愛感情が伴う場面での男性心理としては、握手を求めることによって相手の異性との距離を縮めようとする行為の表れであります。
またその機会がほぼ初対面であれば、少なくとも男性が握手を相手に求めることによって、相手との距離と信頼関係を一挙に縮める事が出来るわけです。
 相手の異性として、握手を求める男性心理を、そのまますぐの受け入れて良いのかどうか迷います。
相手の男性に対して前向きな気持ちがあったとしても、その機会が初対面に近いほど、自分自身が軽い女なのではないか、と考えてしまう時もあるからです。
それは同時に相手の男性によって違う印象を与えることにもなるでしょう。
 少なくとも、相手の男性が異性としての自分に対して、好印象を抱いているという事は、すぐにわかるというこの行為は、お互いに悪い印象を与えることは少ないでしょう。
スポンサーリンク

相手の女性に対して握手を求めるという行為は、その時のシチュエーションが職場などの仕事上の関係での行為であれば単にビジネスアクションのひとつであると理解できます。
 また、それがお互いプライベートでのシチュエーションであれば、男性が抱く恋愛感情の表れとして、握手を通して相手との距離を縮め、それに対してどう受けごたえするかによって、2人のその後の感情の行き先はかなりかわります。
すぐに握手すれば、一気に2人の距離は縮まり、同時に心理的なお互いの信頼関係も自然と築きあげられます。
握手した後の2人の会話も、よほどのことがない限りはずむことになるでしょう。
ひとつの握手という行為により、その後の2人の心理的な距離が縮まれば縮まるほど、時間の過ぎる速さに思いのほか驚くことになります。
ある人は、それを夢心地ということもあり、お互いが同じ気持ちであればなおさらです。
 唯一、女性が抱く一抹の不安があるとするならば、初対面に近い時にそのような握手を求められたときに、すぐにその求めに応じて良いのか内心迷い時もあるでしょう。
それは女性が逆に簡単に握手に応じたことによって軽い印象を男性に与えたのではないかという不安からなのです。
 しかし、お互いにその時の正直な気持ちでの受けごたえであれば、いずれにしても後悔することは少ないのではないでしょうか。
スポンサーリンク