男性心理 嫉妬 視界

視界に入る光景が、男性心理の嫉妬心を沸かせる事があります

スポンサーリンク

人間には五感があるため、一部には、自分が何をしなくても、何かを感じてしまうという場面が、生活の中に日常的に存在しています。
特に視界には、たまたま気付いてしまう光景などが飛び込んできたりして、感情の起伏に作用する事があります。
 男性が嫉妬する時の場面には、例えば気になる異性が、自分以外の男性と会話をしているなどの場合に発生する事があります。
会話の内容が、明らかに仕事の話程度、手短な挨拶程度であれば、見逃す事もあります。
しかし、気になる女性が、相手の男性と楽し気に話すなどの場面は、視界に入ってしまうと、男性の嫉妬心に火をつける事があるのです。
男性心理としては、何でそんな奴と楽しく話してるんだ、という気持ちになります。
 女性側からしてみると、付き合っている関係でもない男性から、勝手に嫉妬心を抱かれているという事にもなります。
唯、男性心理は、同性にメラメラとライバル心を感じてしまう、という場面が存在しているのです。
 恋愛関係にあった場合にも、相手の女性と他の異性が楽しげに話す様な場面が男性の視界に入ると、後で『今の誰』と尋ねてくる様な事もあります。
男性の場合には、オスの本能としても、自分のテリトリーに他のオスの存在を認めたくない、という強い男性心理が働く場面があるのです。
スポンサーリンク

 男性には、言葉に表す事がなくても、自分の好きな女性や恋愛関係などにある女性に対して、多少の所有欲をもっている部分が認められます。
男性の性格などによる違いもありますが、普段は、そんな部分が見られず、女性と他の男性とのやや親しげな様子などが視界に入ると、豹変する場合もあります。
 結婚前に、好きな男性をどうしても振り向かせたい、という場合には、男性心理にある嫉妬心を刺激するなども、一つの方法です。
男性の視界に入る様に、誰か他の男性と楽しげに会話をしたり、軽くボディタッチなどをしてみると、男性の反応を確認できます。
嫉妬心を抱いている場合には、突然女性に対する会話をしたがったり、場合によっては、会話に途中から参加するなどの行動もあります。
全く別の時に、この間どこどこで一緒に話していた男性について、質問をしてくる場合などもあります。
 行き過ぎた行動は、逆に引かれてしまう事もありますが、中々進展が見られない男性に対しては、女性から男性心理に訴えかけるという事も効果的な場合があります。
男性が顔を上げた時には、特に視界にも広がりができます。
男性心理を読みながら、男性の行動を見て、心のかけ引きを行う事も、恋愛必勝手段の一つです。
スポンサーリンク