男性心理 嫌いじゃない 別れ サイン

「嫌いじゃないじゃないのに別れたい」は多様な男性心理のサイン

スポンサーリンク

付き合っている男性から嫌いじゃないけれど別れてほしいと切り出された場合、まずは男性心理を読んでみましょう。
特に女性自身がまだ恋人を好きであれば、即座に別れに応じるメリットはないのです。
例えば女性と同じように男性も結婚願望を持つものです。
特に周りの人達が身を固める年齢になった場合子供もほしくなりますから、恋人に結婚を匂わせるようになるでしょう。
しかし女性が仕事やプライベートな問題で入籍を引き延ばし続けた場合、男性心理としても焦りを感じてしまいます。
こうしたケースでは特に男性にアプローチしている別の女性が現れている場合危険です。
結婚を急いでいる男性が別の女性から「告白された」と話した場合、危険なサインだと察知しましょう。
このようなケースで嫌いじゃないけど別れを急かされた場合、結婚に向けてきちんとスケジュールをまとめる事が大切です。
またこうしたケーでは男性が仕事に対して嫉妬を覚えている可能性もありますので、そうしたサインも見逃さないようにしましょう。
どのような人でも自分が愛されていると確信が持てなくなった場合、不安になるものです。
大切な男性を逃がしたくない場合、寂しがっているサインを察知してプライベートな時間をきちんと作るようにしましょう。
スポンサーリンク

男女の交際期間が長引いた場合、ドキドキ感が失われてしまうのが普通です。
こうした時期に付き合っている男性から別れを切り出される事があるでしょう。
嫌いじゃないけれど別れたいと言われた場合、女性としては受け入れがたいものです。
こうしたケースを防ぎたい場合、男女の交際がマンネリ化しないように注意する事が大切です。
例えば結婚前の段階であまりにも互いの仲が親しくなってしまった場合、恋人同士と言うよりも家族のような関係になってしまいます。
そうしたケースではちょっとした仕草や癖に気を使わず笑ってしまうものなのです。
このような関係はリラックスできるものではありますが、いつまでも好きな女性から「男」として見てほしい男性心理にとっては寂しい事でもあるのです。
長く付き合っている男性とマンネリから別れたくない場合、相手にトキメキを取り戻してもらうための努力をしてみましょう。
例えば恋人の前できちんと身なりを整えるだけで男性としては新鮮な喜びを感じてくれます。
またあまりにも二人の関係が家族や友人のように打ち解けてしまった場合、恋愛初期の感情を思い出して自分自身が相手に気を使う事も大切です。
食事の時に大きな口を開けて食べないよう注意するだけでも恋人同士の関係は再び「男女」に戻ります。
スポンサーリンク